eikoの部屋 

 富士山登山の標準タイム& マメさんの夏山大渋滞タイム比較表
ルート   吉田口  富士山五合目(吉田口)
 往復距離  14km  14km
 標高差  1450m  1450m
 登り時間  6時間10分(山頂)  11時ごろから登り始めて八合目太子館小屋についたのが何と18時頃です(約7時間)
太子館小屋 22:30〜出発 山頂へ約5時間半 登り合計 
約12時間 超渋滞タイムです
 下り時間  3時間30分  4時半のご来光から約5時間かかって10時半着。 下山も通常の2倍のタイムです。

7月初め〜9月末までの2ヶ月間が富士山登山ができる期間です。だから、集中するのでしょうね〜昨年は24万人。今年は...30万人?
     
  @バスターミナル 標高2,305m
今回の富士登山、高速道路入るといきなり事故渋滞に巻き込まれ前途多難の幕開けでしたが、ラッキーな面も沢山ありました。それは、天気に恵まれたことです。 


バスターミナルから眺めた富士山の一部 →


 ←富士山の旅案内人 マメさん
 
  A
溶岩で固まった岩や砂利道。ジグザグに歩く八合目の山小屋に着くと同時に土砂降りの雨。 がふりだしました。ほんの2〜3分着くのが遅くなっていたらずぶぬれになっていた所でした。 

赤い鳥居は 富士山・本7合目2900mにあります。ここから 河口湖・山中湖・相模湾・北アルプス連峰・南アルプス連峰など眺められる絶景の場所です。
 但し、天気さえよければ.......
 
  B
前の日まで雨が降っていたそうで 登山開始の天候は曇り空で暑くなく登りやすかったです. 麓を振り返れば 雲海
 
出発時、山頂の気温0度・風速10メートル以上体感温度が−4度位と添乗員さんが言ってました。持参した服を、全部着込み 歩き始めると暑い。ちょっと歩けば止まりの繰り返しでなかなか前に進まない。
 
  C
山小屋に18時に着き、色々な説明を聞いて山小屋定番の夕食”カレーライス”
登頂支度をして仮眠に入ったのが19時半

その日の22時30分には出発です(><)

小屋で休憩中に、あれだけ降っていた雨も出発前にはぴたりと止んでくれラッキーでした
 
 
  D
ヘットライトの行列が続き、後ろを見れば雲の間から稲妻が何処かで光っていました。日の出が4時20分なので時間はたっぷりありますが、時間はたてども前には進まない上に、山頂に近くなるにつれて風も強くなり、だんだんと身体が寒くなり始めてきました。   

山頂は、半端な寒さではない
超寒い(><)
E 山頂は人!人!人が多い!

人の波で一瞬でも目離せば、仲間を見失うほどの。
通勤ラッシュみたいに、すざましい光景です。 あれだけの人が御来光を見る為に寒さに耐え頑張って登ってきたのもすごい。

添乗員さんも同じツアーで一週間前に来た人達は雨と風がひどくて八合目までしか登ることができなかったそうです。 


まあ、なにはともあれ無事に御来光が見れケガも無く下りてきました。  
  高山病にもならず、何とか山頂にたどり着いたのが、日の出40分前。 御来光がもっと大きく綺麗に見えるのかと思っていたら小さい!!!

「皆様は大変ラッキーです。一瞬でも太陽が丸く見えるのは、めったにない事です。」とガイドが言ってました。
マメさんの感想は 「富士山は遠くから眺める山だよ」
 
登った人だから実感できる言葉ですネ。(^^)
お疲れ様です♪ こんな渋滞登山の貴重な体験をされたマメさん! 良い想い出になりましたね。
それから、誕生日に登頂を果たしWおめでとう♪

eikoの部屋