eikoの部屋      2013年5月 三大名城の熊本城 

石垣の上に御殿、大小天守、五階櫓などが詰め込んだように建てられ、広大な敷地から眺める櫓の数も多く
この城内を駆け足で櫓(やぐら)に上がったり下りたり、天守閣へ上がったり下りたりと約2時間歩きました。

本丸御殿には、昭君之間があります。

  中国ドラマ「王昭君」おうしょうくん

一介の村娘から宮女になり、敵国王妃になった美少女・王昭君の人生は、シンデレラストーリーですが

「昭君之間」は京都の絵師が悲話を
モチーフに描かれたとあります。

 モンゴルのハーンに嫁いだ
王昭君(おうしょうくん)のあらすじ

帝の実の娘が、野蛮な部族へ嫁ぐのを嫌って、それで代わりに昭君が帝の養女となり、娘として嫁いだのよ。結果、彼女は、ハーンが権力を握って王妃になり、立場が逆転になった帝と娘は追放!!

先の読めない時代の中で
流れに逆らわず前向きに、時流に
乗った昭君は賢い女性です。


 

加藤清正の兜も特徴があります。
 
 どの位置からも天守閣や櫓(やぐら)が見え敵の侵入は無理
 
肥後国初代藩主 加藤清正築城  熊本城
 熊本城は、西南戦争で天守閣からの火事で全焼しましたが、宇土櫓(うどやぐら)は風向きのおかげで、消失を免れました。 この宇土櫓は、敵が刀が振り回さないように、入口の門の高さを低く、さらに段差をつけ、45度の階段など、敵の侵入を防ぐ工夫がされ、籠城に備えての井戸などもあり、戦国武将加藤清正の思慮深さに驚きです。
 
ゆるキャラくまもん♪
 
宇土櫓(うどやぐら)
 
宇土櫓(うどやぐら)45度の階段

江戸初期の額紫陽花
       
ラーメンを食べた後で
写真を取っていないのに
気が付きポスター拝借!(^^;
お城はどこも階段が多い  どこからでも櫓や天守閣が見える   見事な石積みの城壁
 

eikoの部屋 2013年5月 三大名城の熊本城