eikoの部屋

屋久島縦走までの行動 7/23-7/24

 

7/23(月曜日)早朝の4時出発
淀川登山口で朝食弁当を食べ宮之浦岳をめざし新高塚小屋まで歩く。
屋久島は花崗岩なので山道も雨で土砂が流れ岩が露出、その岩に根がくねくねと巻きつき歩きにくい山道で景色を眺めるどころか足元ばかりを見て歩いた。
途中の休憩では必ずストレッチをする

しかし、黒味岳で辺りで木の根にからみ膝を傷めたマメさんは、歩行困難となり下山が決まった。上るのも大変だった道を傷めた足で下る山道はマメさんにとって過酷な歩きである。

 
 
膝にサポーターして痛み止めを飲み、マメさんの荷物はサブガイドが担ぎ私は支援者として一緒に下る。 船の欠航に続き、登山を断念して下山するとは....第2のアクシデント   分かれた組は予定通り宮之浦岳を目指して登る
登山道は崩落があちこち見られれ大きな石が道を塞ぎ、その石を這って登り、鎖で上がる道も予想外に厳しかったと言っていた。

花之江河(はなのえごう)で昼食休憩
左ひざは痛み止めが効いてなんとか歩けるが
座るときや立つときが大変そうだったが、無事に下山を終えペンションへ戻る。
次へ