eikoの部屋 2012年度のチャレンジ!

世界遺産の宮島は、何度も歩いていても、いつも新鮮な気分になります。 ぜひ、一度はきんさいネ。

  世界自然遺産の宮島 & 文化遺産厳島神社  
     
  
   
日本三景の一の真価は 頂上の眺めにあり 初代総理大臣 伊藤博文 の言葉 
宮島は、平清盛 を始め豊臣秀吉・毛利元就・大内・小早川・尼子などの武将達や、ここで100日間修行をされた弘法大師、明治には伊藤博文、昭和には昭和天皇も遥か大昔は、弥山の山頂とのうが高原の山頂と鏡を使い光の交信をした跡も見られ、宮島の奇岩や巨岩が宇宙との交信ストーンに使われたように思えます。また、西側には戦後の開拓者村の跡や日露戦争時代の海軍の防衛地跡などが残っています。
 簡単な山を楽しみたい方にお勧め
2月の大聖院ルート〜もみじ谷
 紅葉谷〜霊火堂〜大聖院
  ちょっとだけ歩きたい方にお勧め

 宮島ロープウェー〜山頂
 気楽に山歩きをしたい方にお勧め

あせび遊歩道〜駒ヶ林
大元公園
  10時間以上歩きたい方にお勧め

. 宮島7里7浦 一周30km
変化に飛んだ道を歩きたい方にお勧め
 

   宮島縦断尾根道縦走
 
宮島観光 その他  3月 清盛祭り

秋の紅葉&鹿
 宮島の七不思議

宮島は 七里・七浦・七恵比寿そして
七不思議とすべてに「七」
縁起がいいのでしょうね。

1、消えずの火弘法大師・空海が修行に使った火が1200年以上経った今も燃え続けている霊火  

 
3.錫状の梅
(しゃくじょうのうめ

弘法大師・空海が立てかけた錫状が根を張り梅の大木に変化したと言われてます。不吉な兆しがあれば咲かないと言われてます
6.拍子木の音
深夜に聞こえてくる拍子木の音天狗の仕業とも言われてます  
  2、干満岩
海の満ち引きに合わせて、山頂にある干満岩の穴の中の水位が変わると言われる不思議な穴 
味はうす塩 


 



もみじ饅頭
出来たては美味しいよ。
4.曼荼羅岩(まんだらいわ)
数十畳分の巨大な岩盤に文字が彫りこまれた弘法大師の書 

7.龍燈の杉
旧正月の夜、宮島沖に出現する謎の灯り
(龍燈)が一番よく見える大杉 は、今はみることができません 
5.しぐれ桜
晴天の日でも、この木だけが
雨が降ったみたいに濡れている不思議な桜

いたる所で鹿に会えます。鹿は昔から神の使者と言われています。

eikoの部屋
 
2012年は、宮島をくまなく歩き記録に残せてほっとしています。標高はわずか500mちょいの山でも海抜0mから歩くので大きな山になります。山頂から眺める瀬戸内海も格別です。観光で来られた時は、ぜひ山頂からの眺めも楽しんでくださいね。eiko

 2013年:宮島7つの寺社巡り

朱印帳集めの方はご参考に