eikoの部屋  

世界自然遺産臥龍のパンダ保護センター

china-top


絶滅の危機に瀕しているパンダの保護・繁殖を目的とした
四川省の臥龍自然保護区管理局・中国保護大熊猫研究センターで抱っこしました。
生後6ヶ月の子供パンダは日本円で8000円・ 大人パンダは4000円です。
料金が安いから大人パンダを選んだのではなく、大きい体にしがみつきたかったので (笑)
体重の重い事に笑い、見た目と違って毛がゴワゴワで痛かった! 
パンダの生活の6割が食事時間だそうで
この日もニンジン・リンゴとバリバリと豪快な食べっぷり。


 現地ガイドの話
『パンダは今、世界におよそ1596頭しかいない希少動物です。パンダが主食とする笹も少なくなっています。保護されたパンダの寿命は延びていますが、自然では生きていけません
今は、パンダ保護の予算確保のために抱っこもさせてくれますが、
この抱っこも 将来はどうなるかわかりませんから、貴重なツーショットです

銅像は、偶然にパンダの毛皮を見て、
パンダを探し、アメリカへ持ち帰り
、保護を求めた人達である。もし、保護されなければ、
パンダは絶滅していたかもしれない
木から降りる様子 このままの格好でお尻からドスン!
好物の笹を食べている。パンダの胃腸は小さくて
消化が早くて、だから 食事が6割 
3割が昼寝 1割が遊びだそうです。
それから、パンダの指は、6本なんですよ!
知ってましたか?


 eikoの部屋

パンダと写真を撮る為に、私たちは
紙のエプロン・ディスポの手袋・そして
ヘアーキャップのような靴隠しを履いて
パンダの庭へ行きました。

←ワーワー騒いで着替えている風景
 写真提供 たどちゃん