eikoの部屋 

 アンボセリ国立公園 サファリーサファリーとはスワヒリ語で「旅」 ライオンは「シンバ」
  動物達は外敵の心配のない平和な状態で暮らしていた。 
砂煙を上げて忙しく走るのは、人間の私達が乗ったサファリー見学バスで、夕方17時から2時間
 この広大なサファリーを走り、写真を撮ったが、アフリカライオンは見つからなかった。
 ライオンが見れないのは、 2006年現在 100頭しかいないというアフリカライオン!
 像が繁殖しすぎて、草がなくなり、それも砂漠化の一つになっているとガイドが話をしていた。 太陽が沈む頃のアフリカの大地は、異常に静かで音は車のエンジン音だけで 寂しい光景だった。
 アフリカでライオンが減少しているこの事実 に愕然!!
ゼブラ オーストリッチ ガザル ヌー
観 キリマンジャロ登山行程 ス 手前 アリ塚 キリン(マサイ族のもの) マサ
サファリーイのイケメンと
沈む太陽 eikoの部屋
 マサイ族とeiko PHOT