ロトルアにあるレッドウッドフォレストハイキング

ハイキングコースを一周する間にランニングの観光客もいて走りやすい平らな

散歩道のハイキングである。枝葉がないまっすぐに伸びたred woodはデカイ!

名前と同じく「赤い木で枝葉がなし」手作りのマオリ族の集会所と倉庫

太陽に向けて撮影すると噴煙が白やピンクの玉

間欠泉は、さらりと通過。噴煙も普通の高さ

 

空路で南島のクライストチャーチへ

ミルキーブルーのテカポ湖の観光である。

テカポの星空は世界遺産に申請中で観光客に人気のツアー。私も参加して天の川や南十字星を見ましたが、光の無い場所の星はどこも綺麗。私は、剱岳小屋から眺めた天の川と流れ星の光景が忘れられず、私の中ではお気に入りスポットである。

ツアーには必ず写真撮影の上手な人がいる。テカポの星空を真夜中に撮影を試みた工藤さん流れ星もしっかりと映って素晴らしい思い出になったようである。”善き羊飼いの教会”から

 

私が撮影したテカポ湖や教会は何でもない風景になるが、撮影者によって違いが明らか。

クライストチャーチにある世界遺産のマウントクック国立公園のフッカーバレーを歩きニュージランド最高峰マウントクックを眺めるハイキング(初級)

マウントクックは先住民族マオリ語で「アオラキ」=雲を突き抜ける山

とも呼ばれクックは航海者のキャプテン・クックからつけられている。

万年雪で圧縮された氷河を頂きに冠したマウントクックをに遠くから眺めながら

ランチを済ませ、折り返し戻る。約3時間で終了。

次はクイーンズタウンへ移動してワカティプ湖畔ウォーキング

 

約1時間半のワカティブ湖畔周囲をウォーキング!あいにくの雨と風が平坦な道を歩きにくくしていたが私はその方が歩いている実感がして面白かった。この後でミルフォードサウンドトラックにでかけた。世界一美しい散歩道はシダに覆われ常緑樹の木々がうっそうとしている。「美しい散歩道」なんだけど単調すぎて……美しさが理解できない私である。(^^;

このツアーは体験ハイキングなのでミルフォードのゴール地点からジャイアントフォールズまでを約3時間半で平坦な道を歩く初心者向けだから私には物足りない。その後はミルフォードサウンドクルーズで氷河の浸食により形成された景観を眺める。まぁまぁだったのか写真が少ない。アザラシが岩で休憩している風景や滝のしぶきを浴びる方がいいかな

次は北島オークランドへ

オークランドの西部ワイタケレの原生林にある長寿で知られる巨木カウリ

の森を歩く。ここは屋久島と姉妹都市でカウリは3千年の寿命があるそうだ。

寿命なら日本の縄文杉や紀元杉には勝てないね。(^^)ところがこのカウリが

絶滅に瀕しているらしく入園時には観光客の靴底の泥をエアーで落とす。

そして、カウリの巨木がある地域は立ち入り禁止

カウリの木を使った彫刻もこれからは無くなる。

無くなる前にカウリの彫刻を探していたら、オークランドでたまたま立ち寄った店で見つけた。数が少なくて在庫処分になっていたのにびっくり。$17.99が$13.99(NZドル)に値下げしていたのを購入。目の部分は”あわび”の貝を使用して作られている。マオリのお守り。

私が一番に買いたい土産は ”マヌカ”で喉が痛いときや風邪気味の時に日本製品の ”マヌカはちみつ” や ”マヌカキャンディー” 購入して食べていた。効果ありと実感していたので本場で安く手に入れようと思ったが、安くはない! 安くない理由は…..ここにあり。

”マヌカ”の木は真っ黒なカビに覆われ 咲く花も小さな白い花でその花から蜂が蜜を集める。大きな木に成長すると花もやや大きめだけど、たくさんの蜜を集めるのは大変!だから高いこの”マヌカ”の木は素晴らしい植物である。

ニュージランドで「ロードオブザリング」や「ピアノレッスン」などのロケ地。空港でご覧のお出迎え。私のNZの感想は、登山としては当然に物足りなく、観光地としても物足りない。良かったのはミネラルウォーターを買う必要が無く水道水が飲めたこと。また、オークランドは日本人が多く鉄板焼き店も買い物に出かけた店も不便はなかった。逆にマオリ語?何語?何を言っているのか聞き取れない事もあったけど、それも旅の面白さ。自然が破壊されていない国は、料理も地ビールもワインも美味しかった。

もし、またNZに出かけるなら世界一美しいコースをしっかりと歩きたいね。おわり

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: オセアニア